間桐慎二

士郎の友人。
間桐桜の兄。
ライダーのマスターで、幾度となく衝突する事になる。
自己中心的で他人を見下す悪癖があるが、彼には彼なりに一本筋が入っており、歪んではいるが悪人ではないという困ったちゃん。
規律を重んじ(自分はあまり守らないが)、不公平を嫌い(自分に関しては度外視だが)、女の子には優しい(自分のものになった女の子は例外だが)、という、なるほど確かに学園で一、二を争ういい男である。
自分が理想とする世界と、自分がいる世界とのギャップが間桐慎二という性格を歪めてしまったワケだが、 士郎と知り合った頃はここまで歪んではいなかった。
士郎と知り合いになったのは四年前。
やはり土郎が無償で雑用をこなしていた所に出くわし、「おまえ馬鹿だろ」と士郎の後ろで(本気で)けなしながらも最後まで付き合い、「おまえ馬鹿だけど、いい仕事するじゃん」と楽しそうに笑ったとか。
口は悪いが正直者な慎二に、士郎も思うところがあったのか。
以後は親しい友人として付き合っていく。
慎二クンも士郎を何かと馬鹿にしていたが、その影では士郎をいいように使う連中を社会的に抹殺したり、 頻繁に間桐邸に招待したりと、中々の親友っぷりだっ た。
が、ご存知の通り気難しい天才肌の人間なので、友人として何年付き合おうが、ワケの分からない理由で唐突に敵に回ってしまう。
味方でいるうちは頼もしいが、敵に回すと厄介な人の典型。
セイバールートの、「僕と手を組まない?」という 慎二クンの誘いに乗る分岐も予定されていたが、時間切れであえなくアウト。
ああ、あのルート(仮に慎二ルートと名づける)が あれば、慎二クンのいいところが少しは見れたのかもしれませんがもうポクラはいっぱいいっぱいなので勘弁してください。

Fate/side material: Fate用語辞典