魔術

人為的に神秘・奇蹟を再現する行為の総称。
門派ごとに違いはあるものの、基本的には“術者の体内、もしくは外界に満ちた魔力を変換”する機構。
各門派が取り仕切る基盤(システム)に従って術者が命令(コマンド)を送り、あらかじめ作られていた 機能(プログラム)が実行される、というもの。
その、命令を送るのに必要な電流が魔力である。
魔術には万能のイメージがあるが、基本的には等価交換で神秘を起とす。
才能に優れた凜だが、その“なんにでも手を出せる”魔術特性が故に代償を払いまくり、終生まで金欠で悩まされるハメになるとか。
また、他者の精神に干渉し、思考の方向性を変える魔術等は物質的な代償を必要としないが、術者の精神をも変えてしまった方向性に引っ張ってしまう。
人を呪わば穴二つ。
魔術協会では呪術は学問ではないとされ、中東圏のソレに大きく遅れをとっている。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

人為的に神秘・奇跡を再現する行為の総称。
門派ごとに違いはあるものの、基本的には“術者の体内、もしくは外界に満ちた魔力を変換”する機構。
各門派が取り仕切る基盤(システム)に従って術者が命令(コマンド)を送り、あらかじめ作られていた機能(プログラム)が実行される、というもの。
その、命令を送るのに必要な電流が魔力である。
魔術には万能のイメージがあるが、基本的には等価交換で神秘を起こす。
有から有を持ってくるのであって、無から有は作れない。出来る事を起こすのであって、出来ない事は起こせないという事だ。
が、その『無』、あり得ない事に挑むことが魔術という学問の本質である。大魔術、大儀式と呼ばれる大掛かりな魔術は「 」、魔法に至る為の挑戦に他ならない。
大タイトル・『空の境界』は、一人の魔術師が『無』に挑もうとした物語とも言える。

Garden of sinners Pamphlet: 空の境界設定用語集
§

人為的に神秘・奇蹟を再現する行為の総称。
門派ごとに違いはあるものの、基本的には術者の体内、もしくは外界に満ちた魔力を用い、定められた現象を再現する機構。各門派が取り仕切る基盤(システム)に従って術者が命令(コマンド)を送り、あらかじめ作られていた機能(プログラム)が実行される、というもの。
その命令を送り、機能を実行させる為に必要な電力(エネルギー)が魔力である。
魔術には万能のイメージがあるが、基本的には等価交換で神秘を起こす。大自然に干渉するほどの魔術は、やはり大自然に満ちる程の魔力(マナ)でなければ発動できない。個人の魔力だけでは発動できる魔術に限界がある。
また、他者の精神に干渉し、思考の方向性を変える魔術等は物質的な代償を必要としないが、術者の精神をも変えてしまった方向性に引っ張ってしまう。人を呪わば穴二つ。呪術は西洋の魔術協会では学問ではないと蔑視されており、中東圈に大きく後れをとっている。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

人為的に神秘·奇蹟を再現する行為の総称。
門派ごとに違いはあるものの、基本的には術者の体内、もしくは外界に満ちた魔力を用い、定められた現象を再現する機構。各門派が取り仕切る基盤(システム)に従って術者が命令(コマンド)を送り、あらかじめ作られていた機能(プログラム)が実行される、というもの。
その命令を送り、機能を実行させる為に必要な電力(エネルギー)が魔力である。
魔術には万能のイメージがあるが、基本的には等価交換で神秘を起こす。大自然に干渉するほどの魔術は、やはり大自然に満ちる程の魔力(マナ)でなければ発動できない。個人の魔力だけでは発動できる魔術に限界がある。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典