埋葬機関

『月姫』における、カトリック教会の異端審問実行者たちの集まり。
悪魔払いであるエクソシストではなく、悪魔殺しのエクスキューター。
形式上だけの信徒でも採用される、完全な実力主義制。能力があり教会にとって都合の悪いモノを始末するのなら、誰であっても一員になれるというワケ。……まあ、ちゃんと洗礼はしてくれるし待遇もいいらしい。
ナルバレックを含めた七人と予備の為のもう一人、計八人で構成される。他国の退魔組織と合い入れる事は絶対になく、つねに単体で行動する。
彼らの権限は強く、時には教会の意向にさえ逆らって異端を排除する。例えそれが大司教であろうとも、悪魔憑きならば即座に串刺しにする能力と権限を持っている。
……この機関こそ、実は教会における異端と囁かれるのも当然だろう。
アルクェイドは教会側の要請を受けて、ときおり教会と手を組んで死徒を滅ぼした。
そのことを埋葬機関は快く思っていなく、リスト外であるアルクェイドを隙あらば封印しようと企んでいるらしい。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

教会における、それぞれが特別権限を持つ異端審問員。が、彼らが異端を審問する事などない為に代行者、または殺し屋とも言われる。
彼らの行いが事後承諾でない時などない。
信仰は二の次、ただ異端を抹殺するだけの力を必要とする部署である。
(表立っては)禁忌とされる魔術を好む者、捉えてきた異端者を奴隷として扱う者、はては近代兵器マニアから殺人快楽性と中々に飽きさせない人材が集まっている。
構成は七人プラス、予備の一人。
この予備の一人は教会で優れた者をスカウトするのだが、審問のたびに死亡するため目まぐるしく変わっていく。

宵明星: Talk.
§

聖堂教会における、より専門的な異端審問の代行集団。
悪魔払いであるエクソシストではなく、悪魔殺しのエクスキューター。
完全な実力主義製で、能力があり教会にとって都合の悪いモノをしまつするのなら、誰であっても一員になれる。……まあ、ちゃんと洗礼はしてくれるし待遇もいいらしい。ナルバレックを含めた七人と予備のためのもう一人、計八人で構成される。
他国の退魔組織と協力する事は絶対になく、常に単体で行動する。彼らの権限は強く、時には教会の意向にさえ逆らって異端を排除する。例えそれが大司教であろうとも、悪魔憑きならば即座に串刺しにするのだ。この機関こそ協会における異端、と囁かれるのも当然だろう。
アルクェイドは教会側の要請を受けて、時おり教会と手を組んで死徒を滅ぼした。それを埋葬機関は快く思っていなく、リスト外であるアルクェイドを隙あらば封印しようと企んでいるらしい。
また、二十七祖であるメレム・ソロモン、エル・ナハトの両名が埋葬機関に協力している。ともに無理強いされているように見えるが、その真意は定かではない。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

聖堂教会における、より専門的な異端審問の代行集団。
悪魔払いであるエクソシストではなく、悪魔殺しのエクスキューター。
完全な実力主義制。能力があり教会にとって都合の悪い事実を始末するのなら誰であろうと採用される。局長であるナルバレックを含めた七人と、予備の為のもう一人、計八人で構成される。
他国の退魔組織と協力する事は絶対になく、常に単体で行動する。彼らの権限は強く、時には教会の意向にさえ逆らって異端を排除する。
アルクェイドは教会側の要請を受け、何度か協力して堕ちた真祖を滅ぼした事がある。埋葬機関はそれを快く思っておらず、リスト外であるアルクェイドを隙あらば封印しようと考えている。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典
§

聖堂教会における、より専門的な異端審問の代行集団。
悪魔払いであるエクソシストではなく、悪魔殺しのエクスキューター。他国の退魔組織と協力することは絶対になく、常に単体で行動する。
完全な実力主義制で、能力があり教会にとって都合の悪いモノを始末するのなら何者であろうと迎え入れる。局長ナルバレックを含めた七人と予備の為の一人、計八人で構成される。

Character Material: Prelude Explanation