ギルガメッシュ

前回のアーチャー、セイバーを破った人類最古の英雄王。詳細はゲーム本編のステータスを参照のコト。
サーヴァントキラーとも言える存在で、まっとうな英霊はこの男には敵わない。
サーヴァント中では間違いなく最強の存在。
セイバー戦では執着から、土郎戦では慢心から、戦では油断から敗退したが、本気になって戦って いれば敵なしのサーヴァントである。
十年間人間社会で生活していた為か、なぜかオシャレ。
いろんな普段着を持ち、お気に入りは凜ルー卜で着ているあのライダースーツ。
なにしろ「煤で汚れるから」と士郎たちを見逃すほど。
衝撃、主人公の命の価値はギル様の上着以下だったのだー!
あんな性格でよく今までトラブル起こさなかったなあ、と不思議に思われるでしょうが、
ギルもそのあたりは分かっているのか、ある宝具を飲んで姿と性格を変えていたらしい。
また、デザイン時に「ギルは是非黄金のフルプレートで」とワガママを言いました。
理由は、まあ、六十階建ての壊に何度も挑んだ世代だからではないでしょーかー。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

第四次聖杯戦争におけるアーチャーのサーヴァント。遠坂時臣によって召喚されるが、後にマスターを見放し、言峰綺礼と再契約を果たす。本編及びZeroを通じての最強キャラ。詳しくは元祖マテリアル本を参照。ボーイミーツガールなFate本編に於いては「必ず最後に愛は勝つ」な宇宙の法則に膝を屈するが、Zeroにおいてはそのチート的最強を遺憾なく発揮する。これで真面目に聖杯を追い求めてくれたなら本当に聖杯戦争は一夜で終了していただろうが、油断慢心は王気の一部。たかが願望機ごときにマジになるなど大人気ないという王の沽券は断じて譲れないものである。そういった短所も鑑みれば、いちおう戦力のバランスは成り立っていたともいえる……のか? Zeroのラストで見事にアンリマユへの吸収を脱しておきながら、本編の桜ルートであのような末路を辿ったのは、女子が見ている前でネイキッドかますのが気が引けたから――ではなく、本体と切り離された状態だった「泥」と、本体に繋がったままの「影」との威力の差によるものであろう。

Fate/Zero material: Fate/Zero用語辞典