吸血鬼

人の血を吸うモノの総称。
死徒、ないし死徒によって吸血種となったモノを指す。
月姫における吸血鬼は、自らの肉体保持のためにヒトの血を搾取する。この過程で自らの血液を獲物である人間に送りこむと、その人間は死にきれずに残ってしまう。
常人ならばそれでもやがて死に至るが、時折肉体的なポテンシャルが高く、魂のキャパシティさえも優れた者は現世に留まれる。
その後、遺体として埋葬されてから数年。脳髄が溶け、魂が肉体という檻から解き放たれて始めて食屍鬼(グール)として活動できる。
グールは自らの欠けた肉体を補充せんと墓に眠る遺体を食らい、少しずつ肉体を復元する。
その後、やはりまた何年と月日を要して幽体としての脳を形成し、知能を取り戻してようやく吸血鬼と呼ばれるに至る。
吸血鬼に成った者はもはや自由だが、親である吸血鬼の血があるためにその支配から逃れられない。
何十年と闇の生活に慣れた後、吸血鬼は親である吸血鬼に従いながら、自分だけの下僕を作るために人間を襲い血を送る。
この、ほぼ無限の循環を阻止するために教会が存在する。教会の最終的な目的は全吸血鬼の排除と、因となる二十七祖の封印にある。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

①もとから吸血種であった「真祖」と後天的に吸血種となった「死徒」に分けられる。

カラフルMOON月姫: 月姫用語辞典
§

人の血を吸うモノの総称。死徒、ないし死徒にょって吸血種となったモノを指す。
月姫における吸血鬼は、自らの肉体保持の為ヒトの血を搾取する。この過程で自身の血を獲物である人間に送りこむと、その人間は死にきれずに残ってしまう。常人ならばやがて死に至るが、時折肉体的なポテンシャルが高く、魂のキャパシティさえも優れた者は現世に留まれる。
その後、遺体として墓に埋葬されてから数年。脳髄が溶け、魂が肉体という檻から解き放たれ、初めて食屍鬼(グール)と呼ばれる動く死者(リビングデッド)となる。
グールは自らの欠けた肉体を補充せんと墓に眠る遺体を食らい、少しずつ肉体を復元する。その後、やはりまた何年と月日を経て幽体としての脳を形成し、知能を取り戻してようやく“吸血鬼”と呼ばれるに至る。
吸血鬼に成った者は自分の意志で活動できるが、親である吸血鬼の血がある為、その支配から逃れられない。何十年と闇の生活に慣れた後、吸血鬼は親である吸血鬼に従いながら、自分だけの下僕を作る為、人間を襲い血を送る。
この、ほぼ無限の循環を阻止する為、教会には死徒を殲滅する異端狩り・埋葬機関が存在する。埋葬機関の目的は全吸血鬼の排除と、因となる二十七の祖の封印にあるという。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

人の血を吸うモノ。多くは死徒、ないし死徒によって吸血種となったモノを指す。基本的に不老かつ不死ではあるが、肉体の維持に人間の血が必要な為、不完全な不老不死と言えるだろう。
死徒によって吸血鬼に成った者は自分の意志で活動できるが、行動原理を親である吸血鬼に縛られる為、その支配から逃れられない。人間を襲い血を得たところで、その大半を親である吸血鬼に奪われてしまうのである。
よって子である吸血鬼は自らも親になろうとし、何十年と闇の生活に慣れながら自分だけの下僕を作ろうと世を脅かす。
この吸血循環を阻止する為、教会には死徒を殲滅する異端狩り·埋葬機関が存在する。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典