無限の剣製

アンリミテッドプレイドワークス。
宝具扱いだが、正確には固有結界と呼ばれる魔術である。
この固有結界には全ての剣を形成する要素があり、オリジナルを見た事があれば容易く複製する事が可能。
ただし、複製した武器はランクが一つ下がる。
防具も可能だが、その場合は通常投影の二倍ー三倍の魔力を必要とする。
一度複製した武具は結界内に登録され、固有結界を起動させずとも、投影魔術として作り出せる。
通常の相手には多少厄介な能力にすぎないが、彼の英雄王にとっては正に天敵となる宝具。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

何度目だナウシカ。
アーチャーの宝具。千の剣が並ぶ無人の荒野。
投影八節を用いて展開される大儀式。
固有結界と呼ばれる、術者の心象世界を具現化し、わずかな時間だけ世界を上書きする旧世界の魔術。
アーチャーが投影できる武装がすべて揃っており、この空間ではいちいち武器を投影する必要はなく、刺さっている武器なら即座に使用できる。
EXTRAでは錬鉄の可能条件もアップするため、性能は劣るものの、聖剣クラスの投影も可能のようだ。
……つーか、目を離しているうちに3Dスタッフによって「エクスカリバー投影」が作られていてきのこビックリ。まあせっかくの新モーションだし、没にする事もなし。劣化品ならギリギリアリってコトで、ひとつ。

Fate/EXTRA Material: Fate/EXTRA用語辞典