刀崎

とうざき。遠野家の分家筋の一つ。
骨師と呼ばれる一族で、自らの骨を刀として鍛え上げる。
普段は鉄で刀を鍛えるが、これは、という使い手に出会った時に自らの腕を差し出し、その骨で刀を作る。
鍛冶師として最期にして最高の逸品となる骨刀は、大陸に伝わる破山剣と似て非なる性質を持つという。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

とうざき。遠野家の分家筋の一つ。骨師と呼ばれる一族で、自らの骨を刀として鍛え上げる。
普段は鉄で刀を鍛えるが、これは、という使い手に出会った時に自らの腕を差し出し、その骨で刀を作る。
鍛冶師として最期にして最高の逸品となる骨刀は、大陸に伝わる破山剣と似て非なる性質を持つという。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版