遠坂凛

魔道の名門・遠坂の現当主。
本編の正ヒロイン。
マスターの一人として、士郎といがみあったり協力したりする忙しい女の子。
何かと攻撃的で人を突き放す口調だが、根は姐御肌で面倒見がいい。
ここぞという時に凡ミスをかますのは、もはや遺伝的な呪いである。
冷酷なようで優しいのだが、最後には合理的な道を選ぶ、本人曰く“可愛くない性格”。
どうも、自分は「女の子」としての部分が欠落している、と思っている節があり、密かにコンプレックス になっている。
あの私服はその反動なのだろうが、それにしても脚を見せすぎで、健全な男子は目のやり場に困るのではないだろうか?耐えろ士郎。
趣味は宝石鑑賞と士郎いじり。
根がいたずらっ子なので、真面目なヤツをからかうのが大好きなのだ。もっと耐えろ士郎。
得意な魔術は魔力の流動、変換。
実はあまり攻撃には向いていない魔術特性で、その為、宝石に魔力をストックし、使い捨てのお手軽な限 定礼装として使用する。
その他、護身用として空手もどきを噛んでいる。
格闘技の先生は言峰で、キャスターを追い詰めた凜の連続攻撃はあのエセ神父じこみというワケだ。
「Fate」本編で一番出番の多い人物。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

遠坂時臣の長女。Fate本編のヒロインの幼き日の姿である。
10年前における凛の『聖杯戦争』に対する理解度は、第五次における士郎の認識とはば同程度。つまり解っているようでいて解っていない。
幼い凛にとって父、時臣は敬愛すべき偉大なる魔術師であり、その理念からくる冷酷さといった、彼の人格の負の側面を理解するまでには至っていない。
もし、彼女が本当に父親の人間性を理解できる頃になるまで時臣が存命であったなら、凛の人格形成にはさぞかし深刻な影響を及ぼしただろう。その非人間性に反発して魔道そのものに背を向けていたか、あるいは父と同じ『完璧にして酷薄』な魔女として完成していたか――いずれにせよ、凛にとって幸福とは程遠い平行世界には違いない。

Fate/Zero material: Fate/Zero用語辞典
§
tohsaka-rin