ズェピア

ズェピア・エルトナム・オベローン。
魔術協会三大部門・アトラス院において、名門とされるエルトナムの当主だった男。
アトラシアの名を冠するが、故あって魔術協会から脱会。エルトナムの名を地に堕としてしまう。
五百年前、トランシルヴァニアにて消息を絶つ。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版