直死の魔眼

志貴が持ってしまった、物の死を視る眼。
黒い線と点で表現されるが線は物質の壊れやすいラインに過ぎず、点は死そのものである。
線を断たれれば、その個所は本体が生きていようと死滅し、二度と動く事はなくなる。
点を突かれればその個体は完全に停止する。
線は意識しなくとも視えてしまうが、線を流している原因たる点を視るためには極度の精神集中が必要となる。
死を形として視る、と言っているものの、それは死ではなく物質の寿命、発生した瞬間に定められた存在限界を読み取っている、と言うのが正しい。
本編中でも語られていたが、現在の世界において殺す(壊す)事のできないモノには線は視えない。人間である志貴の基準は、その時代の人間の限界に比例しているからだろう。
その限界を超えたモノの死を視ようとしてしまうと、人間である志貴本人が壊れてしまう事になる。
志貴の眼は元々『ありえざるモノを視る』ためのもの。それが二度の臨死体験によって(根源)と繋がってしまい、脳が死を理解できるようになってしまった。直死の魔眼は志貴の脳髄とセットという事である。
志貴が自分から死を視ようとすると目が青くなる。淨眼は青いと言うが、志貴の眼もその類のものなのだろう。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

志貴が持ってしまった、物の死を視る眼。
黒い線と点で表現される。線はその物質の壊れやすいラインであり、点は死そのものである。線を断たれれば、その個所は本体が生きていようと死滅し、二度と動く事はなくなる。点を突かれれば、その個体は完全に停止する。線は意識しなくとも視えてしまうが、線を流している原因たる点を視る為には極度の精神集中が必要となる。
死を形として視る、と言っているものの、それは死ではなく物質の寿命、発生した瞬間に定められた存在限界を読み取っている、と言うのが正しい。本編中でも語られていたが、現在の世界において殺す(壊す)事のできないモノには線は視えない。人間である志貴の基準は、その時代の人間の限界に準じているからだろう。
志貴の眼は元々『ありえざるモノを視る』為のもの。それが二度の臨死体験によって(根源)と繫がってしまい、脳が死を理解できるようになってしまった。直死の魔眼は、志貴の脳髄とセットになって初めて死を直視できる、という事である。
余談ではあるが、志貴が自分から死を視ようとすると目が青くなる。浄眼は青い、というが、志貴の眼は元々その類のものなのだろう。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

遠野志貴が持ってしまった、物の死を視る眼。
生物の死をカタチ(点、線)として捉え、これを突く、裂く事で生命活動とは関係のないレベルで殺す事のできる異能力。
死を形として視ると言ってはいるものの、それは死ではなく物質の寿命、発生した瞬間に定められた存在限界を読み取っている、と言うのが正しい。
現在の世界において殺す(壊す)事のできないモノから線は視えない。人間である志貴の基準は、その時代の人間の限界に準じているからだろう。
志貴の眼は元々『ありえざるモノを視る』為のもの。それが二度の臨死体験によって脳が死を理解できるようになってしまった。直死の魔眼は、志貴の脳髄とセットになって初めて死を直視できる、という事である。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典