聖堂教会

“普遍的な”意味を持つ一大宗教の裏側。
神の教えを説く彼らは、その教義に反したモノたち を認めていない。
“異端”という存在を表向きでは無いものとして扱うが、中には熱狂的に排斥しようとする者たちがいた。
その『異端狩り』が特化し、巨大な部門となったものを聖堂教会と呼ぶ。
彼らは代行者と呼ばれる悪魔退治を擁し、全ての異 端を消し去り、人の手にあまる神秘を正しく管理する為だけに機能する。
当然、魔術を隠匿する魔術協会とは折り合いが悪く、今まで幾度となく刃を交えてきた。
(現在は協定が結ばれ、仮初めの平穏を一掘っている)
もっとも、彼らにとって最大の敵は『吸血種』と呼ばれる怪物たちであり‘魔術協会とは時に協力し合う間柄でもある。
言峰は聖遺物の管理・回収を任務とする第八秘蹟会に席を置いていた代行者。
車越した戦闘者である代行者、各教会が保有する騎士団、そして聖堂教会本部が隠し持つ埋葬機関と呼ばれる怪物たち。
聖堂教会は「Fate」世界において最大の組織であり、人間の範畴から外れてしまった者たちにとって、最大の敵として君臨している。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

“普遍的な”意味を持つ一大宗教の裏側。月姫本編では『教会』とだけ呼ばれる。
神の教えを説く彼らは、その教義に反したモノたちを認めていない。“異端”という存在を表向きでは無いものとして扱うが、中には熱狂的に排斥しようとする者たちがいた。その『異端狩り』が特化し、巨大な部門となったものを聖堂教会と呼ぶ。
彼らは代行者と呼ばれる悪魔退治を擁し、全ての異端を消し去り、人の手にあまる神秘を正しく管理する為だけに機能する。当然、魔術を隠匿する魔術協会とは折り合いが悪く、今まで幾度となく刃を交えてきた。(現在は協定が結ばれ、仮初めの平穏を謳っている)もっとも、彼らにとって最大の敵は『吸血種』と呼ばれる怪物たちであり、魔術協会とは時に協力し合う間柄でもある。
教会は様々な管轄に分かれており、シエルが所属している埋葬機関は『異端狩り』のエリート部隊のようなもの。
アルクェイドやロア、シエルと関わりは深いが、月姫本編は教会の目の届かない極東のお話なので、これもバックボーンの一つにすぎない。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

“普遍的な”意味を持つ一大宗教の裏側。月姫本編では『教会』とだけ呼ばれる。
神の教えを説く彼らは、その教義に反したモノたちを認めていない。“異端”という存在を表向きでは無いものとして扱うが、中には熱狂的に排斥しようとする者たちがいる。その『異端狩り』が特化し、巨大な部門となったものを聖堂教会と呼ぶ。
彼らは代行者と呼ばれる悪魔退治を擁し、全ての異端を消し去り、人の手にあまる神秘を正しく管理する為だけに機能する。
当然、魔術を隠匿する魔術協会とは折り合いが悪く幾度となく刃を交えてきたが、彼らにとって最大の敵は『吸血種』と呼ばれる怪物である。その為には魔術協会と協力し合う事もあるようだ。
教会は様々な管轄に分かれており、シエルが所属している埋葬機関は『異端狩り』のエリート部隊のようなもの。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典
§

“普遍的な”意味を持つ一大宗教の裏側。
神の教えを説く彼らは、その教義に反したモノたちを認めていない。“異端”という存在を表向きでは無いものとして扱うが、中には熱狂的に排斥しようとする者たちがいた。その「異端狩り」が特化し、巨大な部門となったもの。
中でも魔を滅ぼす能力、資格を持つ者は「代行者」と呼ばれ、主の教えに存在しないモノを物理的に排除する。一方、悪魔祓い(エクソシスト)は魔を容認し、これを一時的に退ける聖職者である。

Character Material: Prelude Explanation