ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン

二百年前、大聖杯の礎となったアインツベルンの当主。
イリヤ同様まっとうな人間体ではなく、大聖杯の炉心になる為だけに生まれた魔術回路である。
イリヤはユスティーツァの同系機である母親と、外来の魔術師との間で生まれた最新型。
大型杯の中心には未だ彼女が納まっており、クレーターの表面にビツシリと敷き詰められた回路は、彼女の魔術回路を拡大·増殖させたもの。
直径にして一キロメートル近い大聖杯の魔術回路は、 一つの人体によって構成された小宇宙なのである。

Fate/side material: Fate用語辞典