真祖

吸血種の中において特異な存在。性質は精霊に近い。
人間への具体的な自衛手段を持たない自然が作り出したモノで、自然の延長的な個体。人間を律するのならばヒトを雛型にしよう、と精神と肉体の構造を人間に真似て生み出された。
が、その誕生には欠陥があり、真祖は吸血衝動という間違いを持ってしまった。
全ての真祖は律するべき対象である人間の血を吸いたい、という欲求を持ち、その衝動を律する為に自らの精神力を消費している。
思うだけで世界の有り様を変えられる彼らはその『思う』という行為のほぼ全てを自身の抑制のために使用するはめになった。
しかし、それでさえ限界はある。
根本から吸血衝動を解決できない以上、その欲求は蓄積されていき、やがて自らの力だけでは抑えきれなくなる。
欲求を抑えきれなくなった真祖は自ら永劫の眠りにつく。それが寿命を持たない彼らの寿命といえるだろう。
中には欲求に負け、無差別に人の血を吸うようになった真祖もいる。堕ちた真祖と呼ばれるそれらの力は強大で、人の力で滅ぼすのは不可能と言われたほどだ。
神がかり的な能力を持つ真祖だが、発生に人々の想念がかかわっていないので神霊の類ではない。世界に望まれるも、人々に望まれたモノではないので次第に隠れ住むようになり、その数を減らしていった。
形を持ってしまったが、これも抑止力と言えるだろう。……なんのコトか解らないひとは空の境界を参照のこと。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

吸血鬼の一種だが、どちらかというと精霊に近い存在。登場人物(人物?)の中ではアルクェイドがこれに当たる。人間に対して自衛手段を持たない自然が産み出したもの。吸血衝動という唯一にして最大の欠陥を持ち、欲求を抑えきれなくなった真祖は堕ちた真祖と呼ばれ、アルクェイドに狩られることになる。なお、真祖に血を吸われた人間は死徒となる。

MB公式攻略书: Melty Blood用語解説
§

吸血種の中において特異な存在。性質は精霊に近い。
人間に対して直接的な自衛手段を持たない星が作り出したモノで、自然の触覚と言える存在。人間を律するのならばヒトを雛型にしよう、と精神と肉体の構造を人間に真似て生み出された。が、その誕生には欠陥があり、真祖は吸血衝動という間違いを持ってしまった。恐らく、参考にしたオリジナルが、そも欠陥を含んでいたからだ。
全ての真祖は律するべき対象である人間の血を吸いたい、という欲求を持ち、その衝動を律する為に自らの精神力を消費している。思うだけで世界の有り様を変えられる彼らは、その『思う』という行為のほぼ全てを自身の抑制の為に使用するはめになった。
しかし、それでさえ限界はある。根本から吸血衝動を解決できない以上、その欲求は蓄積されていき、やがて自らの力だけでは抑えきれなくなる。欲求を抑えきれなくなった真祖は自ら永劫の眠りにつく。
それが寿命を持たない彼らの寿命、と言えるだろう。中には欲求に負け、無差別に人の血を吸うようになった真祖もいる。堕ちた真祖と呼ばれるそれらの力は強大で、人の力で滅ぼすのは不可能と言われた程だ。
発生に人々の想念が関わっていないので神霊の類ではない。世界に望まれるも、人々に望まれたモノではないので次第に隠れ住むようになり、その数を減らしていった。形を持ってしまったが、これも抑止力と言えるだろう。
……なんのコトか解らないひとは空の境界を参照のこと。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

吸血種の中において特異な存在。性質は精霊に近い。
人間に対して直接的な自衛手段を持たない星が作り出したモノで、自然の触覚と言える存在。が、その誕生には欠陥があり、真祖は吸血衝動という間違いを持ってしまった。
全ての真祖は律するべき対象である人間の血を吸いたい、という欲求を持ち、その衝動を抑える為に自らの精神力を消費している。思うだけで世界の有り様を変えられる彼らは、その『思う』という行為のほぼ全てを自身の抑制に使うはめになった。
しかし、それにも限界はある。根本から吸血衝動を解決できない以上、欲求は蓄積されていき、やがて抑えきれなくなった真祖は自ら永劫の眠りにつく。それが寿命を持たない彼らの寿命と言えるだろう。
真祖は年々数を減らしていき、アルクェイドが誕生した十二世紀には百個体にまで減ってしまった。
中には欲求に負け、無差別に人の血を吸うようになった真祖もいる。彼らは堕ちた真祖(魔王)と呼ばれ、人の力で滅ぼすのは不可能とされた。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典