浄化

『月姫』における、教会のアンデッド処置方法。
死徒……人間から吸血種になったモノを塵に還すには、人間だったころに馴染みが深かった宗教のシンボルがキーになる。
人間である事を止めた吸血鬼の肉体に、人間だったころの自然法則をたたき込んでもとの肉体に洗礼しなおして塵に返す、という手順をとるのだが、この、肉体の構成を無理やり開いて元に施錠する、という儀式の為に必要となる概念武装を『摂理の鍵』と呼ぶ。
解りやすく言うのなら十字架が代表的な物。
が、十字架が効く、というのは元がキリスト教の信徒だった吸血鬼のみ。人間だった頃に国教がカトリックではなかった吸血鬼には十字架は通じにくくなる。
逆に吸血鬼がキリスト教の信徒であったのならなら、襲われた人間がキリスト教の信徒でないとしても十字架はそれなりの効力を持つ。
無論、どちらも信徒であるのならその効果は絶大だ。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

「月姫」における、教会のアンデッド処置方法。
死徒……人間から吸血種になったモノを塵に還すには、人間だったころ馴染みが深かった宗教のシンボルがキーになる。
人間である事を止めた吸血鬼の肉体に、人間だったころの自然法則をたたき込んで肉体を洗礼し直し塵に返す、という手順をとるのだが、この、肉体の構成を開いて元に施錠する、という儀式の為に必要となる概念武装を『摂理の鍵』と呼ぶ。
端的に言うと、十字架が代表的なもの。が、十字架が効く、というのはキリスト教の信徒だけ。人間だった頃に国教がカトリックではなかった吸血鬼には十字架は通じにくくなる。逆に吸血鬼がキリスト教の信徒で、襲われた人間がキリスト教の信徒でないとしても、十字架はそれなりの効力を発揮する。無論、どちらも信徒であるのならその効果は絶大だ。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版