時南朱鷺恵

じなん ときえ。時南宗玄の一人娘。ほんわかした雰囲気ながらも色っぽい、年下殺しのお姉さん。
薬学では琥珀の姉弟子で、彼女自身、鍼治療のエキスパートでもある。父に代わって志貴の体を診る事もあり、志貴とはただならぬ仲だったとか。
歌月十夜でちらっとだけ出てきて、ちょっとした問題発言を残していく。……この人が姉弟子という時点で、琥珀さんの策士ぶりは決定されていたのかも。
男をダメにする魔性の女。いや、結婚した男はきちんと出世するわ成功するわで幸せになるのだが、人間的に朱鷺恵さんなくしてはやっていけなくなるのである。んー、まあそれはそれでオッケーっぽいですね。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§
jinan-tokie