セイバー

剣士の英霊。魔力を除いた能力値が水準以上でなければ該当しないサーヴァントタイプ。
本編の正ヒロイン。
衛宮士郎と契約し、聖杯戦争を戦い抜いていく少女騎士。
実直かっとことん真面目な性格で、少女らしさを騎 士としての誇りで覆っている。
が、一皮剥けば年相応の少女らしい一面を見せる。
拗ねると中々許してくれなかったり、勝負事には熱中するあまり周りが見えなくなったり、美味しいものが大好きという元気溌刺さeたったり、好きな相手の前では失敗したくない臆病さがあったり、実に気難しいヒロインである、うむ。
正体はアーサー王。
性別を男と偽って王を続け、祖国に平和を取り戻し た後、内乱によって命を落とす運命を持っている。
「Fate」本編でのアーサー王の扱いは史実と伝 説を融合したもので、彼女が王になる前の名をアルトリアとしている。
性別を偽つての王宮生活は気苦労の連続であったろう。
なかでも図ったのが世継ぎの問題だが、マーリンの魔術で事なきを得られたそうだ。
本編での、「殿方の喜ばせ方は知っています」という台詞は、実経験から来たものだったり。
選定の剣を抜いた時から年をとっておらず、肉体年齢的には土郎より一才ほど下だとか。
また、アーサー王はブリテンを守る赤い竜である。
父王ウーサー・ベンドラゴンはマーリンの計らいで竜の因子を持った後継者を作り、アルトリアは人でありながら竜そのものの魔力を帯びるに至った。
魔術回路を必要とせず、ただ血液を巡らせ息をするだけで魔力を生成するアルトリアは、魔術師たちとは次元の違う「魔術炉心」と言えるeたろう。
————「Fate」は元々彼女の物語である。
聖杯とアーサー王を巡る物語が初期段階における「Fate」のメインテーマであり、それは今も変わっていない。
聖杯戦争を駆け抜けた少女騎士。
その果てに見た夢は、彼女の一生に相応しいものだったと信じたい。

Fate/side material: Fate用語辞典
§

FateをFateたらしめるシンボル的存在。ただしZeroにおいてはヒロインに非ず。まだ王様としての殻に罅が入ってない彼女の在り方はむしろヒーローのそれである。
放置プレイに触手プレイ、ストーカー被害、視姦され、酔っぱらいに説教され、名誉毀損され、あげく闇討ちを仕掛けてきた不埒者が朋友のはずの腹心だったと判明するなど、もはやZeroは彼女の受難エピソードだけで構成されていると言っても過言ではない。だがそれもこれも、すべては一○年後に士郎の、ご飯を美味しく食べてもらうためなのだと――いつも無言で執筆を見守ってくれるセイバーメイドVerフィギアに、そう詫び倒しながら書き進める毎日でした。もしあれが私服Verだったら間違いなく挫折してたね俺。店頭で見かけた時ですら、「俺ァこんな可憐な少女を虐め倒しているのかッ!」と自らの醜さに膝を折りそうになった程である。
スーツは当初、なんとなくタキシードを想定していたのだが、いざ絵に描いてもらうと男装っぽい男装にならず、現行のオーソドックスなダークスーツに落ち着いた。よくよく考えてみれば、地方都市のひなびた夜をパーティドレスでうろつき歩くなんてのは羞恥プレイも甚だしいわけで、正解であったと思う。

Fate/Zero material: Fate/Zero用語辞典
§
saber