聖杯戦争

聖杯を得る為の競争行為を示したもの。
聖杯と称するモノが伝説上の聖杯と同じ能力があるのなら、偽物を巡る戦いでも聖杯戦争と呼ばれる。
冬木市の聖杯戦争は特殊で、英霊を使い魔にするサーヴァントシステムは冬木市だけのものなのだとか。
その準備、取り決めは魔術協会が行い、大部分の権利は協会が抑えているのだが、聖杯の名を冠する以上聖堂教会も黙ってはいない。
その真偽がどうであれ、聖杯は全て我々が管理する ———と聖堂教会は冬木市に監督役を送り、隙あらば聖杯を魔術師たちから没収しようと企んでいる。
……ゲームソフトを作ったのが魔術協会に属する魔術師たちで、
ゲームを動かすハードの利権を持っているのが聖堂教会というコトだ。
あんまりと一言えばあんまりな例ですがっ。

Fate/side material: Fate用語辞典