聖杯

神の血を受けた杯。
最高位の聖遺物であり、持ち主の願いを叶える願望機。
その起源は多くの神話で顔を見せる、“願いを叶える大釜”と言われている。
「Fate」で登場する聖杯はオリジナルではなく、“願望機”として機能するように作られたレプリカである。
英霊は地上で破れた後、元の形である「力の一端」に戻り、時間軸から消え去る。
それを押し留め、一時的に蓄えるものがアインツベルンの聖杯である。
その後に続く“孔”を開く儀式は、聖杯ではなく大聖杯が執り行う。

Fate/side material: Fate用語辞典