ランサー

槍兵の英霊。最高の敏捷性を求められ、白兵戦にも優れた能力が求められる。
華やかさはないが堅実なサーヴァントタイプ。
粗野で暴力的な性格だが、根は正義の人で人懐っこい。
気は優しくて力持ち,を地で行く好青年である。
正体はケルトの大英雄クーフーリン。
この聖杯戦争の舞台が日本でなければ、ヘラクレスやアーサー王に並ぶ光り輝く存在だったろう。
本編でも述べられた通り、生き延びる事に特化した英霊。
どのような死地からも生還するが、今回は運が無かった、と言わざるを得ない。
曰く、“戦闘時では雄叫びと共に体が盛り上がり、悪鬼の如く振舞った”とか。
バーサーカーの条件も備えた人物だが、やはり彼に はランサーが似合っていよう。
“死力を尽くした闘い”を求め、それを代償として召喚に応じたランサーだが、願いが叶えられた事は一度も無かった。
願いとは叶えられないもの、という皮肉さを体現した悲運のサーヴァントである。

Fate/side material: Fate用語辞典