マーブル・ファンタズム

空想具現化。呼んで字の如く、空想を具現化する能力。
自然、世界の触覚である精霊が持つ能力で,自己の意志を世界と直結させ、世界を思い描く通りの環境に変貌させる。精霊の規模によってその具現レベルには差があり、あくまで変貌させられるのは自然のみ。自然から独立しているモノを変貌させる事はできない。
『月姫』では世界上にある別世界ではない異界、隠れ里や常春の国はその異界の主である精霊が描いた空想世界と考える。故に、人間が迷い込む事が可能となる。アルクェイドが住んでいた山間の城は彼なの空想具現化によるもの。
MELTY BLOODではアルクェイドのアークドライブとして登場。無数の鎖は彼女の触覚の延長で、一時的に手の感覚が増大したものである。掴み取る器官が手ではなく鎖なのは、常に自身を縛っていなければならない彼女の心の在り方からだろう。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典