空想具現化

マーブル・ファンタズム。
呼んで字の如く。空想を具現化する能力のこと。自分も欲しいです。
自然、世界の触覚である精霊が持つ能力で、自己の意志を世界と直結させて、世界を思い描くどおりの環境に変貌させる事。
精霊の規模によってその具現レベルには差があり、あくまで変貌させられるのは自然のみ。自然から独立しているモノを変貌させる事はできません。
本編でロアを消し去ったアルクェイドの空想具現は、包丁で大根を切るように廊下の大気の層を真空状態にした、ということ。
ロア本人に影響は与えられないが、微塵切りされていく大気を避けられる筈もなく、ロアは足首だけがかろうじて残った(アルクの想像には、床にまで断層を作る、という意志が足りなかった)というわけです。
『月姫』では世界上にある別世界ではない異界、隠れ里や常春の国はその異界の主である精霊が描いた空想世界と考える。故に、人間が迷い込む事が可能なのだ。
ちなみにアルクェイドが住んでいた山間の城は彼女の空想具現化によるものなんだって。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

①マーブル・ファンタズム。(マーブルの項参照)
②ダンゴ現象に由来するという事からマーブルとはおはじきの事らしい。
③自身の意思を世界と直結させることによって世界を思い描いた通りに変貌させる世界干渉。現実を幻想(現実にはありえない想像)足らしめる。
④具体的には数多の事象が発生する〝確率〟に干渉することによって、本来ありえざる事象を強引に発生させているものと思われる。
⑤事象が発生する確率へ干渉した結果であるから、具現化できるものは物体に限らないと思われる。
⑥月姫世界においては世界上に存在する異界の一部は精霊が思い描いた空想世界がこれによって具現化されたものである。それゆえ人間が迷い込む事が可能。

長所
術者の思い通りに世界を変貌させる事が可能であるため非常に汎用性が高い。

短所
変貌させられるのはあくまで自然のみであり、自然から独立した存在(人間など)には直接干渉できない。よってそのような存在には何か別のものを具現化し、それによって間接的に干渉せざるを得ない。

カラフルMOON月姫: 月姫用語辞典
§

アルクェイドのゲージ使用技の名前。マーブルファンタズムとも言う。『月姫』本編では「考えたことを具現化する能力」として描かれている、『メルティブラッド』内でも、暴走アルクェイドと成ったタタリが空想具現化を使って千年城「ブリュンスタッド」を作り上げる。本来、世界の触覚である精霊が持つ能力とのことだが、死徒の中にもこの空想具現化を使う者がいるとかなんとか。

MB公式攻略书: Melty Blood用語解説
§

マーブル・ファンタズム。呼んで字の如く、空想を具現化する能力。
自然、世界の触覚である精霊が持つ能力で、自己の意志を世界と直結させ、世界を思い描く通りの環境に変貌させる。精霊の規模によってその具現レベルには差があり、あくまで変貌させられるのは自然のみ。自然から独立しているモノを変貌させる事はできない。
本編でロアを消し去ったアルクェイドの空想具現は、包丁で大根を切るように廊下の大気の層を真空状態にした、という事。ロア本人に影響は与えられないが、微塵切りされていく大気を避けられる筈もなく、ロアは足首だけがかろうじて残った(アルクの想像には、床にまで断層を作る、という意志が足りなかった)訳である。
『月姫』では世界上にある別世界ではない異界、隠れ里や常春の国はその異界の主である精霊が描いた空想世界と考える。故に、人間が迷い込む事が可能となる。アルクェイドが住んでいた山間の城は彼女の空想具現化によるもの。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版