固有結界

リアリティ・マーブル。
元々は悪魔と呼ばれるモノが持つ異界常識であるが、今では多くのモノが持つにいたった独自の結界を指す。
空想具現化の亜種で、その者の心象世界を形にし現実に侵食させた結界の事。
空想具現化と異なるのはその形を自由に決定できない事。術者のただ一つの内面が形になるわけだから、術者は結界の形に意志を加えられない。
が、逆に自然ではないモノにさえ影響を与えられる点で、空想具現化より優れているといえるかもしれない。
本来なら精霊・悪魔だけの能力だが、長い年月をかけて個人の心象世界を形作る魔術が完成し、一部の上級術者が固有結界形成を可能とした。
もっとも自然の延長である精霊以外のモノが異界を作れば、世界そのものが異なる界を潰しにかかる。故に固有結界の維持には莫大なエネルギーを必要とし、結果として一個人の固有結界はわずか数分だけの物となる。
祖である死徒は固有結界を可能とする。
ちなみに、ネロは自らの肉体の内部を固有結界にして世界からの修正から逃れていた。やるな、ネロ教授。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

①リアリティ・マーブル。(マーブルの項参照)
②ダンゴ現象に由来するという事からマーブルとはおはじきの事らしい。
③空想具現化の亜種。自身の心象世界を形にして現実に侵食させる世界干渉。
④具体的には数多の事象が発生する〝確率〟に干渉することによって、本来ありえざる事象を強引に発生させているものと思われる。
⑤元々は悪魔とよばれる存在の異界常識。本来なら精霊・悪魔の能力であるが、長い年月をかけて個人の心象世界を形にする魔術が完成し、一部の上級術者や死徒二十七祖などが固有結界形成を可能とするに至る。
⑥ただしこれによって作り出されたモノは異界であり、作り手が自然の延長である精霊以外の存在である場合、世界からの修正を受ける。

長所
空想具現化と違い、自然から独立したものに対しても干渉できる。

短所
あくまで術者の唯一の内面を形にするものであるため、その形を自由に決定する事ができない。よって汎用性が低い。

カラフルMOON月姫: 月姫用語辞典
§

リアリティ・マーブル。悪魔と呼ばれるモノが持つ異界常識であるが、今では多くのモノが持つにいたった独自の結界を指す。
空想具現化の亜種で、その者の心象世界を形にし現実に侵食させた結界の事。最も魔法に近い魔術であり、魔術協会では禁呪のカテゴリーに入る。
空想具現化と異なるのはその形を自由に決定できない事。術者のただ一つの内面が形になる為、術者は結界の形に意志を加えられない。が、逆に自然ではないモノにさえ影響を与えられる点で、空想具現化より優れていると言えるかもしれない。
思いのままに世界設定ができるものの、自分(精霊)と自然にしか影響されない空想具現化と、形こそワンパターンに限られるがあらゆるものを己が規律(ルール)に従わせる固有結界。
どちらも自由自在でありながら制限を持つ、似て非なる“異界創造”法という事だ。
本来なら精霊・悪魔だけの能力だが、長い年月をかけて個人の心象世界を形作る魔術が完成し、一部の上級術者が固有結界形成を可能とした。もっとも、自然の延長である精霊以外のモノが異界を作れば、世界そのものが異なる界を潰しにかかる。故に固有結界の維持には莫大なエネルギーを必要とし、結果として一個人の固有結界はわずか数分だけの物となっている。
二十七祖の大半は固有結界を可能とするらしい。ちなみにネロは自らの肉体を固有結界にする事で世界からの修正から逃れていた。やるな、ネロ教授。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

リアリティ·マーブル。悪魔と呼ばれるモノが持つ異界常識であるが、今では多くのモノが持つにいたった独自の結界を指す。
空想具現化の亜種で、その者の心象世界を形にし現実に侵食させた結界の事。最も魔法に近い魔術であり、魔術協会では禁呪のカテゴリーに入る。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典