極刑王

カズィクル・ベイ。“黒”のランサーの宝具。最大二万本の杭をスキル『護国の鬼将』で拡張した領地に展開。攻撃、防御、移動制御などに活用する。ルーマニアという土地柄もあり、『護国の鬼将』で得た領地は聖杯戦争中、最大規模。杭のダメージは積み重なっていく上に、後から後から襲い掛かる二万本という圧倒数は、ヴラド三世の『串刺し公』という異名の面目躍如だろう。
杭は一本あたりの威力は低いものの、一度でも喰らえばしばらくの間は「貫通」による継続ダメージが付加される。更に一度でも槍を当てれば、敵の体内からでも杭を生み出せて貫通させてしまう。こうなるともう収拾がつかず、相手は死ぬまでもがき苦しむハメになる。
……まあ、体内に生まれた杭を燃やすために自分自身に炎を循環させるようなトンデモ英雄が存在したことだけは、ヴラドにとって計算違いだったろうが。

Fate/Apocrypha material: Fate/Apocrypha用語辞典