翡翠

月姫におけるサブヒロイン。遠野のお屋敷で働く使用人。感応能力者。
無感動な表情とかたくなな態度をとるメイドさん。
姉である琥珀とは対照的だが、よく見れば表情はころころ変わる。
表情が喜しかない琥珀さんに比べれば、喜怒哀楽のある翡翠はよっぽど人間らしいのかも。
子供の頃、遠野家に引きとられてから使用人として働いている。
志貴が屋敷を出た後は屋敷の中の仕事をするようになり、自分から誰かに話しかける事はなくなった。
自分を恥じていて、志貴の前では使用人として振る舞おうと頑張っているが時折地が出てしまうようだ。
琥珀さんが整理整頓に必要な片付けのセンスがないように、翡翠は味覚が地獄的にズレている。翡翠が志貴に対して食事を作らないのは、一重に志貴をがっかりさせたくないからなんだって。
……かわいいじゃん。こんなメイドさんなら自分もほしいです、はい。

月姫資料集: 月姫用語辞典
§

遠野家の使用人で、琥珀の双子の妹。志貴の世話担当。なかなか起きない志貴に毎朝苦戦している……んだろうなぁ多分。物静かで無感動に見えるが、よく見多と感情の動きは琥珀よりも多彩。琥珀とは正反対に片付けや掃除が得意。だが、やはり壊滅的に味音痴という欠点もあり、料理だけは頑なに作ろうとしない。一念発起して作ってみると梅サンド(!)だったりするのだが、ちゃんと食べてあげるのが志貴らしい。このへんのエピソードは『歌月十夜』参照のこと。

MB公式攻略书: Melty Blood用語解説
§

ひすい。月姫におけるサブヒロイン。遠野のお屋敷で働く使用人。感応能力者。
無感動な表情とかたくなな態度をとるメイドさん。姉である琥珀とは対照的だが、よく見れば表情はころころ変わる。表情が喜しかない琥珀に比べれば、喜怒哀楽のある翡翠はよっぽど人間らしいのかも。
子供の頃、遠野家に引き取られてから使用人として働いている。志貴が屋敷を出た後は屋敷の中の仕事をするようになり、自分から誰かに話しかける事はなくなった。幼年期の琥珀とのトラブルから、屋敷から外に出る事を禁じている。
自分を恥じていて、志貴の前では使用人として振舞おうと頑張っているのだが時折地が出てしまうようだ。極度の潔癖性&男性恐怖症。
琥珀に室内の掃除ができないように、翡翠は味覚が地獄的にズレている。翡翠が志貴に対して食事を作らないのは、偏に志貴をがっかりさせたくないからだそうだ。
歌月十夜では月姫本編で精神的に強くなったのか、自分から屋敷を出て志貴にお弁当を届けに行く事も。
歌月十夜の番外編・妹切草では悪霊に取り憑かれ、おかしな拳法を披露する。この拳法こそメルティブラッドで使用される、暗黒翡翠拳の原型だ。
メルティブラッドでのメイドさんアクションは必見。バックダッシュのスカートの翻りようがなんとも……。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

ひすい。遠野のお屋敷で働く使用人姉妹の妹。
志貴付きのメイド。無感動な表情とかたくなな態度をとる。姉である琥珀とは対照的だが、よく見れば表情はころころ変わる。表情が『喜』しかない琥珀に比べれば、喜怒哀楽のある翡翠の方が人間らしいと言える。
極度の潔癖性&男性恐怖症。琥珀が生まれつき室内の掃除に向いていないように、翡翠は味覚が地獄的にズレている。翡翠が志貴に対して食事を作らないのは、ひとえに志貴をがっかりさせたくないからだそうだ。
本来戦いなど出来る人物ではないのだが、MELTY BLOODでは“メイドとはいかなる手段をもってしても主人を守るもの”というタタリの拡大解釈を受け、メイド流殺法とも言うべき戦闘スタイルを身につけた。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典