アトラス院

魔術協会三大部門の一つ。エジプトはアトラス山に門を構える、錬金術師の学院。
中世から主流となった現代錬金術とは異なる、魔術の祖、世界の理を解明する錬金術師たちの集まり。
プラハの協会とは致命的に仲が悪く、魔術協会の心臓部・時計塔からも煙たがられている。通称、“巨人の穴蔵”。
初代院長が証明してしまった“終末”を回避する為の兵器を未来永劫に作り上げ、廃棄し続けると言われている。
曰く、アトラスの封を解くな。世界を七度滅ぼすぞ―――とはプラハの錬金術師の言。
世界を救う為に作り上げた兵器は、更に慘たらしく星を焼く道具にすぎなかった訳である。
三大部門と聞こえはいいが、実際は独立した頭脳集団。希に、他協会や聖堂教会からの要請で錬金術師を貸し出す事もある。
アトラスの錬金術師を借り受けるには、過去アトラス院が発行した“契約書”が必要となる。七枚しか発行していないこの契約書を回収する事がアトラス院の当面の目的だとか。

月姫読本 Plus Period: 月姬用語詞典改訂新版
§

シオンが所属していた学院で、魔術協会三大部門の一つ。エジプトはアトラス山に門を構える、錬金術師の学院。俗名として巨人の穴蔵とも。
中世から主流となった現代錬金術とは異なる、魔術の祖と言われる錬金術師の集まり。プラハ協会とは致命的に仲が悪く、魔術協会の心臓部·時計塔からも煙たがられている。
初代院長が証明してしまった“終末”を回避する為の兵器を延々と作り上げ、未来永劫に廃棄し続けている。
曰く、アトラスの封を解くな。世界を七度滅ぼすぞ——とはプラハの錬金術師の言。世界を救う為に作り上げた兵器は、更に惨たらしく星を焼く道具にすぎなかったのだ。

MB Act Cadenza PS2 解説ブック: 月姫用語辞典